日々の悩みごと

新型コロナウイルスの一人10万円給付の受け取り方

どうも、ひろあきです。

新型コロナウイルスでの国からの給付についての記事です。

総務省のホームページによると、新型コロナウイルス感染症に伴う経済対策として、一人あたり10万円を給付する通称「特別定額給付金」の概要がわかりました。

公式ホームページによると、受給対象者は2020年4月27日時点で住民基本台帳に記載されている人、受給権利のある人はその人の属する世帯主です。

⚠️この記事は現在の情報をもとに記事を書いているため、今後変更される可能性があります。変更された場合は速やかに訂正します。

この記事では、現在の情報から給付金である10万円をもらうために必要なことをわかりやすく説明します。

給付方法は2通りある

給付方法は「郵送申請」と「オンライン申請」の2通り。

1:オンライン申請

こちらは、マイナンバーカード所持者が利用可能であるようです。

iPhoneなどの対応できるスマホにマイナンバーカードをかざすことで利用できる「マイナポータル」から振込先口座を入力して振込先口座に必要な確認書類をアップロードし、ネット上で本人確認します。

通知カードのみでは申請できないようです。

2:郵送申請

自分が今住んでいる市町村から受給者あてに届く申請書があります。

それがこちらです↓

この申請書に振込先口座を記入して、口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市町村に郵送することで給付金をもらうことができるみたいです。

この他に、やむを得ない理由がある場合、各市町村の窓口に申請することもできるようです。

受付および、支給開始日は各市町村が決定し、また、申請期限は郵送申請の受付開始日から3ヶ月以内なのでこちらは要注意ですね。

給付金を装った詐欺に気をつけてください!

総務省の公式ホームページにも、書いていますが「特別定額給付金」を装った詐欺について注意喚起しています。

わかりやすく説明すると、市町村や総務省がATMの操作を求めたり、給付金支給のための手数料の振り込みは絶対にありません!!

現時点では、住民の世帯構成や銀行口座の番号などの個人情報を電話や郵送での問いあわせもないようです。

一応マイナンバーカードを持っていない人のために、マイナンバーカードの作り方についても、簡単に説明していこうと思います。

マイナンバーカード入手方法

↑上記の画像に必要な書類を揃えて市の区役所に向かう必要があります。

だいたい2ヶ月程度はひつようになるので、持ってない人がいれば急いで作った方がいいでしょう。

しかし、マイナンバーカードを持っていなくても送られてくる用紙に書いても給付金はもらえるようなので、焦る必要はありません。

ただし、マイナンバーカードを持っている人は手続きが楽に終わるということですね。

私の予想では、10万円の給付金をもらうために人がたくさん区役所に来そうです。

その辺りは区役所はどう対応しているのでしょうか?

出典;総務省様

https://www.soumu.go.jp

ABOUT ME
ひろあき
どうも、ひろあきです! のんびりするのが好きな大学生です。 読んでくれた人に「迷ったら1歩前へ」(悩んでいる人に1歩前へ進んで欲しい)をモットーに僕の好きなことや興味のあることを書いていきます。
こちらの記事もおすすめ!