日々の悩みごと

【お腹が急に痛くなった時】外出先や家での対処法

どうも、ひろあきです。

緊張している時や通勤・通学時に襲われる急な腹痛、本当に辛いですよね!

今回は急な腹痛に襲われた方のために、今すぐにお腹の痛みを緩和できる方法を紹介します

この記事を読むと………

  1. お腹の痛みが治る
  2. 外出先でも、お腹の痛みがマシになる
  3. トイレに行っても、治らなかった腹痛が治る

腹痛の種類

まず、今のお腹の痛みの状況はどちらですか?

腹痛は主に内臓痛と体性痛の2種に分類されます。

<内臓痛>
読んで字のごとく内臓から発生する痛みです。
実は内臓の神経は、炎症や、切れる、裂けるなどのダメージでは痛みを感じません。

臓器が痙攣、収縮、伸展したり、周囲の筋肉が収縮している場合に反応し、痛みを感じます。
痛みの発生源が明確ではなく、なんとなく感じる鈍痛で、時に吐き気や冷や汗を伴うこともあります。ちなみに、多くの人々をを苦しめている「下痢」もこの内臓痛に分類されます。

<体性痛>
腹腔の内側を覆っている腹膜から発生する痛みです。
腹膜の神経は、内臓の神経と異なり、炎症や物理的なダメージに反応し、痛みを感じます。
体性痛は鋭い痛みが特徴で、痛む場所も明確に特定することができます。

外出先での主な腹痛『下痢』

<通常の下痢>
急激に差し込むお腹の痛みと冷や汗、強烈な便意が特徴です。

ストレスや自律神経の乱れ、冷えなどにより、大腸での水分の吸収と分泌のバランスが崩れることによって起こります。

そのほかにも、抗生剤の服用によって腸内細菌のバランスが崩れた時にも下痢になることがあります。

電車の中でもできる腹痛対策

電車にトイレがなく、駆け込むことができない場合の電車の中でもできる腹痛をマシにできる方法

1:まず、深呼吸する

ゆっくりと大きく息を吸い込み、吸い込んだ息を吐ききってください。
何回か深い深呼吸をすることで腹痛を緩和することが期待できます。

2:優しくマッサージする

痛むお腹に手を優しく当てて、ゆっくりと回すようにマッサージしてみてください。

お腹をゆっくりとさすることで、腸の動きを和らげる効果があります。マッサージをする時は、力を入れすぎてお腹を圧迫してしまうことのないように注意してください。

3:景色を見て気分を紛らわせる

最後に、急に腹痛になったら気分を落ち着かせることがとても大切です。
外の景色を見たり、他のことを考え気を紛らわせるだけで、腹痛が緩和されることがあります。

事前に持っておいて方がいいもの

事前に準備しておくことで、急な腹痛に悩まされることがあっても、腹痛を緩和することができます。
事前準備の一つが、ホッカイロや腹巻を用意しておくことです。

腹痛にはお腹を温めることが有効です。
出かける前にお腹にホッカイロを貼っておくことで腹痛を緩和することができます。

また、温かい素材の洋服を着ておくことも大切。なにかお腹に巻けるものがあれば、今すぐに巻きましょう!

また、お腹を温める効果のある飲み物を持ち歩くことで、腹痛になってもすぐに対処することができます。

保温性の高い水筒にお茶や紅茶、生姜湯などを入れて持ち歩くことで、腹痛緩和の対策ができます。

お腹を圧迫する服装やベルトは避け、常に姿勢を正しく動くことも腹痛の事前予防に繋がります。

これを飲めば、すぐに腹痛が治ります!

生姜湯

白湯に生姜を入れただけの生姜湯は特におすすめです!僕自身も頻繁にお腹が痛くなるんですけど、いつも生姜湯を飲むと5〜10分たてば、直ります!

まとめ

以上、外出先・家での腹痛の対処方法でした!この記事を読んでくれたあなたはお腹の痛みは治りましたか?

この記事を読んで、治らなかった場合は病院に行くのをおすすめします!

ABOUT ME
アバター
ひろあき
どうも、ひろあきです! のんびりするのが好きな大学生です。 読んでくれた人に「迷ったら1歩前へ」(悩んでいる人に1歩前へ進んで欲しい)をモットーに僕の好きなことや興味のあることを書いていきます。
こちらの記事もおすすめ!